So-net無料ブログ作成
検索選択
薬に頼ること無く花粉症からくる
辛い鼻水・鼻詰まりを改善させる方法をあなたは知りたくありませんか?
>>鼻水・鼻づまりすっきりさせる方法はこちら!<<

【花粉症 2015】人気の薬ランキングベスト3はこれだ!

2015年の花粉症に備えて、
揃えていきたいのがグッズと薬です。

薬を手に入れるには市販薬を購入するか
受診して病院でもらう必要があります。

とはいえ、薬をもらいに耳鼻科に行くのは
混んでいるので市販薬を・・・。
と考えられている方も多いと思います^^;


そこで、今回は花粉症の市販薬ベスト3を
ランキング形式で紹介したいと思います。


市販薬の人気ランキングベスト3

このランキングですが、
実際に薬剤師さんがつけられたランキングを
元に作成させて頂いています。

私も見せていただきましたが
やはり専門家の方が作られているということもあって、
かなり参考になる内容でした!

ほんと、こういう情報はありがたいですね^^

それでは早速ランキングを紹介していきます。

◆3位:アレジオン


アレジオンは病院で以前は処方されていましたが、
他の薬と比べて一足先に市販薬として販売されました。


アレジオンですが、一点だけ問題があります。

それは量の問題です。

病院などでは通常20mgで処方することが多いようですが、
市販薬は10mgで販売されているそうです。


安全性に配慮されたようですが、
『これでホントに効くの?』と以前少し話題になりましたね^^;


とはいえ、花粉症の薬の効果は人によって差があります!

他の薬が効かなくてアレジオンを試したら
効いたという方もいらっしゃるようなので
試してみる価値は十分にありそうです^^



◆2位:ストナリニZ、コンタック鼻炎Z

こちらは現在の市販薬で最も効果が高いようです。
ただし、その分副作用の眠気も強いとか・・・^^;

花粉症の問題として、
仕事が手に付かないというのが私はありましたが、
眠気が強いのは確かに難点ですね・・・。


※ちなみに病院処方で効果の高い薬としては、
 ザイザルアレロックがあります。


ただ、1日1回の服用で済むそうなので、
寝る前に服用すれば大丈夫という意見もあるそうです。

夜は鼻づまりで睡眠不足となりやすいので、
この副作用が逆にプラスに
働いてくれればいうこと無しですが・・・。


◆1位:アレグラFX

そして1位はアレグラです。
このアレグラですがやはり注目は副作用に眠気が無いこと!

ただし、朝晩2回服用する必要があり、
服用間隔を守らないと効果が少ないと言われています。


ちなみに眠気が無いとはいえ、
人によっては眠気が出ることもあるそうです。

花粉症の薬は人によって効果に差が出やすいので、
副作用に関してもあくまで絶対ではないようですね・・・。

※アレグラに似た薬としてはクラリチンがあります。
 アレグラが効かなかった方の中にもクラリチンは効いたという方もいます。
⇒クラリチンの詳細はこちらから確認!


【まとめ】
以上がオススメの薬ランキングベスト3です。

花粉症の薬は人によって合う・合わないがあるので、
いくつか試してみて最も効果のあったものを
使用するのが一番良さそうですね。


※今回紹介した4つの他にも人気の市販薬があります。
 人気の市販薬の一覧を比較するにはこちらの表がオススメです。
⇒【花粉症 2015】市販薬の効果と副作用などを一覧で比較!


また、昨年市販薬を使ったけど効果が少なかったという方は、
病院に行って薬をもらうのもひとつの手です。

やはり病院では市販薬とは異なる種類の薬も
処方してもらえるので自分に合った薬が見つかる可能性もあります。

※病院でよく処方される薬の効果や副作用、
 飲むと危険なお薬などの一覧はこちらのページで。
⇒【花粉症 2015】処方薬の効果と副作用などを一覧で比較!


注意点としては薬には副作用もあり
飲み続けることで徐々にですが身体に影響を与えるものもあります。

市販で販売されているアレグラですら、
以前子供が飲んだ際に痙攣を起こし
重い障害が残ったこともあったそうです。


また、鼻づまりを改善させる薬は
血管を収縮させる作用がありますが、
脳梗塞や心筋梗塞を招く可能性があるといわれています。



薬に頼り続けるのには
リスクもあるということを常に意識しておいてくださいね。


ちなみに私自身は食生活の改善などを通して
花粉症を克服しましたが最近のオススメはこちらです。
花粉症の辛い鼻水・鼻づまりがスッキリする方法として話題になっています!

⇒花粉症の鼻水・鼻づまりをスッキリさせる方法はこちら!

薬に頼らず花粉症から来る辛い鼻水や鼻づまりを改善させる方法とは?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 【花粉症 2015】時期や傾向を抑えて対策をしよう! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。