So-net無料ブログ作成
検索選択
薬に頼ること無く花粉症からくる
辛い鼻水・鼻詰まりを改善させる方法をあなたは知りたくありませんか?
>>鼻水・鼻づまりすっきりさせる方法はこちら!<<

【花粉症 2015】アレグラとアレロックを比較!

2015年も花粉症シーズンのまっただ中ですが、
皆様大丈夫でしょうか・・・?^^;

薬を使われる方も増えてきていますが、
今回は花粉症対策として使われることが
多いアレグラとアレロック比較してみます。


アレグラ VS アレロック


アレグラといえば市販薬でもあるので
よく知っているという方も多いと思います。

それに対してアレロックというと余り聞きなれない方も
多いんじゃないかなと思います^^;



アレロックは花粉症対策の薬の中でも
最も効果が高いと言われています。

くしゃみや鼻水・鼻づまりに高い効果が期待され、
即効性もあるため非常に重宝されやすいです。

反対にアレグラはアレロックに比べると効果が弱いです。

ここまでを見ると、
『効果の強いアレロックの方が良いんじゃないの?』
と思われるかもしれませんがアレロックは
効果が強い分、副作用も強いです。


花粉症の薬の副作用が最も多いのは眠気ですが、
アレグラは眠気が出る方はほとんどいないと言われています。

いても100人のうちだいたい1人か2人ぐらいと言われています。
それに対してアレロックを飲んで眠気が出る方は7%。

100人中7人程度には眠気が出ます。

また、実際にはもっと多くの方に副作用が出るとも言われます。


比べるために表にまとめるとこんな感じですね。

アレグラ アレロック
効果 弱い強い
副作用 弱い強い
即効性 ありあり
病院処方の価格71.9円(60mg)/56.4円(30mg)56.8円(5mg)/44.7円(2.5mg)
服用量 1日2錠(朝・晩)1日2錠(朝・晩)


コストや効果はアレロックの方が優れていますが、
やはり決定的な違いとしては副作用の強さでしょうか。

花粉症もツラいけど眠気があると仕事にならないと言う方は
やはりアレグラで様子を見た方が良さそうです。


他にはアレロックは市販で売られていないので、
処方してもらうには病院を受診する必要があります。

耳鼻科は混む所も多いのでこの辺りは
少し手間に感じるかもしれませんね。



アレグラは効かなかったけど
副作用が強い薬はイヤという方は
アレジオンやクラリチンを試してみることをオススメします。

こちらもアレグラ同様副作用は少ないですが、
アレグラが効かなかった方でもこちらだと
効いたという方もいらっしゃいます。

⇒【花粉症 2015 薬】アレジオンとアレグラを比較!

⇒【花粉症 2015】アレグラとクラリチンを比較!


ただし、効果が弱くても薬にはやはり副作用がつきものです。

花粉症の薬は鼻水や鼻づまりに効くといわれていますが、
それは血管を収縮させることで鼻の炎症を抑えるからです。

こういった薬には可能性こそ低いですが、
脳梗塞や心筋梗塞などの怖い病気を招くリスクがあります。


ましてや花粉症の薬は根本的に治すものではないので
薬を今後も飲み続ける必要があります。

薬を飲み続けるとやはりそれだけ副作用のリスクも
高まるので薬を使うのはなるべく最小限に留めたいものです・・・。


ちなみに私自身は食生活の改善などを通して
花粉症を克服しましたが最近のオススメはこちらです。
花粉症の辛い鼻水・鼻づまりがスッキリする方法として話題になっています!

⇒花粉症の鼻水・鼻づまりをスッキリさせる方法はこちら!

薬に頼らず花粉症から来る辛い鼻水や鼻づまりを改善させる方法とは?
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 【花粉症 2015】時期や傾向を抑えて対策をしよう! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。