So-net無料ブログ作成
薬に頼ること無く花粉症からくる
辛い鼻水・鼻詰まりを改善させる方法をあなたは知りたくありませんか?
>>鼻水・鼻づまりすっきりさせる方法はこちら!<<

【花粉症 2015】処方薬の効果と副作用などを一覧で比較!

2015年の花粉症対策として
薬を使用される方も非常に多いと思います。


今回は花粉症対策でよく使われる
病院で処方される薬の効果と
副作用を一覧で比較してみたいと思います^^


よく使われる処方薬の比較


早速処方薬の効果と副作用を比較していきます。

とはいえ、さすがに全て上げると50種類以上あるので、
今回は代表的なお薬10個だけをまとめておきます。

  効果    副作用    即効性  
アレグラ △~◯ △~◯
クラリチン
アレジオン △~◯
タリオン ◯~◎
エバステル
ザイザル
アレロック
ジルテック
ザジテン
セレスタミン ◎◎ ◎◎ ◎◎


使用されている方の意見や一般的な意見を
元にまとめたものなので表の内容に関しては
少し他のサイトとバラつきがあるかもしれないので
その点はご了承下さい^^;


基本的には花粉症に今年初めてなった方や
症状が軽い方はアレグラ・アレジオン・クラリチンなどの
副作用も少なく比較的軽い薬で様子を見るのが
一番良いかと思います。

※アレジオン・アレグラ・クラリチンの比較はこちら!
⇒【花粉症 2015 薬】アレジオンとアレグラを比較!

⇒【花粉症 2015】アレグラとクラリチンを比較!


『花粉症の症状が強い!』という方は病院で相談し、
ザイザルやアレロック、ザジデンなどの少し強い薬の
使用を考えてみても良いかもしれませんね。

ただし、一般的には効果が強いほど副作用も出やすく、
眠気や身体のだるさ、口の渇きが出ることもあります。

なので、効果が強いお薬を使う場合は注意しましょう。



一般的にはアレロックが一番強いと
言われることが多いですが、
実はその上にセレスタミンというお薬があります。

ただし、これはよっぽどじゃない限りはオススメしません。
セレスタミンはステロイド薬です。

スポーツ選手が飲んでいるとドーピングで引っ掛かったり
するほどのもので副作用としても重いものが多いです。

・強い眠気
・ふらつき感
・目のかすみ
・皮膚の発疹
・口、喉の渇き
・胸やけ

更に強くなると顔のむくみや視力低下、睡眠障害、
胃やお腹、背中の痛み、脳梗塞や動脈瘤を招くこともあります。


セレスタミンは副作用も強く『ちょっと辛いから・・・』
という気持ちで安易に使うような薬ではありません。

特にお医者さんに処方されたとしても
なぜ処方されたのか理由が納得いかなかったときや
お医者さんが十分に信頼出来ない時は
処方を断る勇気も必要です。



以上が、処方薬の比較一覧でした。

よく使われる市販薬に関してもこちらで
一覧にまとめているので目を通してみてください。

⇒【花粉症 2015】市販薬の効果と副作用などを一覧で比較!

最後にですが、薬にはやはり副作用がつきものです。
花粉症の薬は根本的に治すものではないので
薬だけを飲んでいると一生花粉症と付き合うことになります。


薬を飲みながらでも必ず花粉症の原因となる
体質を改善するように生活を見直していきましょう!


ちなみに私は副作用もなく、
毎日5分の実践で花粉症を改善できる方法を試し効果がありました。

⇒詳細はこちらをクリック!
※花粉症改善アドバイザー監修の驚きの方法です。

薬に頼らず花粉症から来る辛い鼻水や鼻づまりを改善させる方法とは?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 【花粉症 2015】時期や傾向を抑えて対策をしよう! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。